藤島武二

藤島武二

 藤島武二(ふじしま たけじ)鹿児島の出身。明治から大正、昭和にかけて洋画界の中心で活躍した。晩年まで東京美術学校で指導にあたり、多くの優れた画家を育成した。

「潮岬」

買取・査定・鑑定はこちら

 

不遇だった青少年期

 藤島武二は1867年に鹿児島で生まれた。「近代洋画の父」と言われる黒田清輝の1歳年下で、その生家も2キロメートルしか離れていない。しかし、黒田の生まれ育った環境に比べ、藤島の青少年時代は決して恵まれたものではなかった。
 1875年に父が亡くなり、その2年後に起きた西南戦争で西郷軍に従軍した2人の兄も失うことになる。戦火の中、当時10歳の武二は幼い弟妹とともに母親のたけ子に連れられて逃げ回ったという。母方の蓑田氏は薩摩藩の御抱絵師(おかかええし)の家系で、こうした環境から、幼少時から絵に親しんだ武二は小学生のころに『北斎漫画』の類を手本に1人で絵を描いたり、祖父が長崎から持ち帰った油絵を模写したという。1882年に鹿児島中学校へ入学した武二は、当地で名の知られていた画家の平山東岳に入門する。そして東京上野公園で開催された第2回内国絵画共進会に出品し、褒状を受けている。

日本画から洋画へ

 1855年、武二は洋画家を志して上京する。しかし、当時は極端な欧化主義に対する反動から、洋画壇は一時的な閉鎖状況に置かれていた。そのため親戚からも日本画を学ぶように強く勧められた武二は川端玉章に入門する。玉章から玉堂の画号をもらった武二は1887年の東洋絵画共進会で一等褒状を、1889年の青年絵画共進会でもやはり褒状を受け、後者は九鬼隆一(美術行政に尽力した政治家)に買いあげられている。
 武二が洋画を学び始めたのは1890年頃のことである。1889年に洋画家たちによる明治美術会が結成されて、その第1回展が開催され、それまで圧迫されてきた洋画界が活気を取り戻し始めた時期であった。日本画家として将来を期待されていた武二であったが、やはり洋画家への初志は強く、こうした情勢にも刺激され、友人の紹介で、明治美術会会員の曾山幸彦に師事するようになる。1891年に武二は明治美術会会員になり、その第3回展に出品した作品が森鴎外の目に留まり、高い評価を得た。これが大きな自信につながった。

東京美術学校助教授になる

 武二にとって重要な存在になった人物は、前述の黒田清輝であった。武二の同郷のよしみから黒田と手紙を交わしたり、東京の自宅を訪問するなどして、交流を続けていた。武二の才能を高く評価していた黒田は1896年、東京美術学校の西洋画科新設に際して、その指導者になると首席助教授に武二を推したのである。こののちの白馬会第7回展に出品された「天平の面影」は武二の名声を最も高めた。

「池畔納涼」1897年 東京芸術大学美術館所蔵

フランス、イタリア留学

 1905年、武二はヨーロッパ留学に出発した。この時武二は38歳で、遅い留学となった。山下新太郎の勧めで、パリの国立美術学校に入学し、フェルナン・コルモンに師事する。また、ベルギー、オランダ、イギリス、ドイツなどの各地の美術館を見学して、自由な研究を行っている。
 1908年、武二はパリを後にして、ローマに移った。コルモンの紹介により、ローマのフランス・アカデミー院長を務めていたエミール=オーギュスト・カロリュス=デュランの指導を受けている。ローマ移転当初、フランス滞在中の作品の大半を盗まれるという大きな不幸もあったが、イタリア・ルネサンス美術から受けた感動は大きく、帰国後の制作にも大きな影響を与えることになる。

「イタリア夫人像」 福岡美術館所蔵

内省と模索

 1910年1月に帰国した藤島はまもなく東京美術学校の教授となった。留学の成果は白馬会第13回展に「滞欧紀念スケッチ」(原文ママ)として27点が特別陳列された。その力強い筆触と明るい色彩に満ちた作風は青年美術家たちに大きな刺激となった。だが1907年に開設された文展を中心とする当時の洋画壇は、彼らがもたらした後期印象派以降の新しい絵画を正当に評価しなかった。大正期は人間関係の上でも制作の上でも思い悩んだ時期であったといえる。ヨーロッパ留学とこの模索期の研究の成果が表れたのは、1924年の第5回帝展で、この時、武二は「東洋振り」「アマゾーヌ」の2点を出品した。自ら「私の多少画期的な出発」と述べる「東洋振り」に続いて、「芳惠(ほうけい)」「鉸剪眉(こうせんび)」を発表して武二は低迷期を脱したのである。

旭日の画家

 1928年に岡田三郎助とともに昭和天皇即位を祝して、その学問所を飾る油絵の制作を依頼された武二は以後10年間をそれに費やしている。主題を「旭日」と定めた。1924年に帝国美術院会員となっていた武二は1934年、当時画家として最高の名誉であった帝室技芸員を任命される。また、長年の美術教育に対する貢献を表彰されているが、実際、藤島教室は生徒の間でも最も人気であり、多くの優れた才能を輩出していった。1937年、横山大観、岡田三郎助らとともに武二は第1回の文化勲章受章者に選ばれた。その後も制作活動は晩年まで衰えを見せなかった。1943年に東京の自宅で75歳の生涯を終えた。

買取・査定・鑑定はこちら