川端龍子

川端龍子

川端龍子(かわばたりゅうし)1885年和歌山県に生まれる。

「金閣炎上」1950年 東京国立近代美術館所蔵

買取・査定・鑑定はこちら

 

画家のきっかけ

 1895年に龍子は母と妹と共に、和歌山県から上京した。そして通った府中三中時代に画家を目指すきっかけとなる出来事が起きた。それは読売新聞が『明治三十年画史』を募集することとなり、龍子は明治元年からの出来事を30題にまとめて応募したのであった。その結果2題が入選し、1題につき20円という当時の中学生にとっては破格の賞金を得たのである。
 このことは学校中の評判となり、図画担当教師の勧めもあり、龍子は父親に画家志望を伝えたのであったが、父は医師にさせる考えをもっていたため、不首尾に終わった。しかしその後、黙認という形で白馬会洋画研究所に通うこととなり、ここに龍子の芸術創造への第1歩が始まったのである。ここで2年学び、やがて太平洋画研究所へ移ることになる。
 龍子は1906年に結婚するが、家庭の生計を支えたのは、挿絵であった。雑誌の表紙絵を描いたり編集にも携わった。その後国民新聞社に入社することとなる。そこで一緒に仕事をすることになった平福百穂と出会い、百穂の伝統的な毛筆の技法に洋画の写生技法を取り入れた練達な毛筆の技法に多大な感化と啓発を受けることとなる。
 1907年第1回文展が開催されることとなった。龍子は出品した作品で初入選を果たし、翌年の第2回文展でも連続入賞となった。しかし、その後は落選が続き、やがて文展出品を断念することとなる。

 

日本画家への転向

 1913年に洋画を学ぶために渡米するが、この米国での体験を契機に帰国後に日本画に転ずることとなる。ボストン美術館での日本の古画に接し、「日本」を強く意識するようになった。帰国後の1914年、龍子は大正博覧会に初めての日本画「観光客」を出品し、入選となったが、日本画の岩絵具の正統な使い方を知らないため、パステルを粉末にしてから膠で固着したものであった。

「慈悲光礼賛」1918年 東京国立近代美術館所蔵

日本美術院同人へ

 龍子が日本画に転じた1914年は近代日本画史上で重要な年である。それは日本美術院が再興された年であり、龍子はこの再興日本美術院展を活躍の場として、日本画家としての大成の道を歩んでいくこととなる。龍子は第2回再興院において、「狐の怪(みち)」で初入選を果たす。この作品は尾形光琳を慕っての制作であり、装飾性豊かな華麗な世界に注目していることは、のちの会場芸術主義の一要素につながるといって良いだろう。今村紫紅は「今年は川端龍子という新人を発見できて、実に嬉しかった」と述べているが、日本画の革新に邁進する紫紅の目には、龍子作品の持つ新鮮さが光って見えたのであろう。

 

会場芸術主義の萌芽

 川端龍子の生涯を考えるとき、会場芸術論の実践、深化に果たした業績がついてまわる。その契機は1921年の「火生(かしょう)」にある。同作品は火を真紅で描く予定であったが、途中から変更して金泥で表現することになった。一方日本武尊(やまとたけるのみこと)の体は赤色で描き出されたのである。つまり、色彩的にみて、会場での展示効果のかなり強いものであるが、龍子自身反省しているように尊の体も金泥で描写し、画面全体の統一を図らなかった点に不備があり、意に満たない出来栄えとなったのである。ここで注目すべきは「火生」に対する当時の批評の中で初めて「会場芸術」という言葉が使われたことで、この標語は一種の流行語となり、その後も非難めいた意味で使用されることとなるのだった。
 龍子が考えた会場芸術主義とは、芸術と大衆を結びつけることであり、その具体的な作となったのが、1926年から1年1作で始まった「行者道三部作」である。

「草炎」1930年 東京国立近代美術館所蔵

 

日本美術院脱退、青龍社創立へ

 1928年、龍子は日本美術院を脱退するが、その主な理由は院展の人事問題であった。1927年の彫刻部から出された院展内部制度改革案である。龍子はこの問題の解決に関わったのであるが、これが古参の同人たちの不興を買い、結局、その責任を取る形で脱退した。このように龍子の日本美術院脱退は、純粋な芸術上の主義主張から出たものではなかった。
 1929年、龍子は青龍社の樹立を宣言した。青龍社は、龍子とその画塾御形塾に属する門下生たちの少人数で始まったが、同年の秋に第1回展を開いた。第3回からは招待出品制を取り入れ、第5回展からは、早くも一般公募制となった。このことから龍子の尽力により青龍展が順調な歩みを始めたことが知られる。
 龍子は1935年帝国美術院会員となるが、翌年に辞任。さらに1937年には帝国芸術院会員に任命されるが、直ちに辞退し、在野の精神を強く示した。

 

栄光の後半生

 龍子の長い生涯の後半を飾るものは、1959年の文化勲章受賞である。さらにもう1つは龍子が自作の展示、保管を考えて自らの設計による龍子記念館を1963年に開館させたことである。川端龍子の芸術を後世に伝えられるのは喜ばしいことである。

「夢」1951年 大田区立龍子記念館所蔵

 

買取・査定・鑑定はこちら